ついに発見!ブロックノイズの原因

ついに2年ほど私を悩ませていたブロックノイズの原因を特定できました。


完全地デジ化が迫っていたころに、


今の地デジ対応テレビにしたのですが、


それからというものたびたびブロックノイズが出ていて、


本当に悩まされていました。


アンテナケーブルを動かしたりすると、


アンテナレベルが結構変動するので、


ケーブルが悪いのかもと、


数回交換したが効果なし。




いろいろネットで調べてみましたが、


完全に同じ現象の人の質問がなかったので、


長らく解決しませんでした。




私の場合だと、


一部のチャンネルに時々ノイズが発生する。


これはチャンネルによってレベルは異なるので、


下限値を下回ったチャンネルにノイズが出る。


私はアパート暮らしなので、


簡単にアンテナをいじることもできず、


アンテナ線を変えたり場所を少し動かしたりしていました。




一番レベルの低いチャンネルのレベルを見ながら、


アンテナ線を動かして、良くなったところで他のチャンネルを見てみると、


別のチャンネルのアンテナレベルが下がっていて、


ノイズが発生したりしていました。




よく見かける質問では、


レコーダーをつないでいるとき、


信号が減衰する場合などもありましたが、


私はずっとアンテナコンセントから直接テレビなので、


減衰はケーブルとその接続部分しかない。




そのほかの原因はノイズ。


私の場合テレビを置いている台には、


録画用の外付けHDDやPS3、無線LAN等があるので、


こちらも疑っていましたが、


全ての電源を切っても変化なし。




また最近では夜になると特にレベルが低下していた。


気温が低くなることでケーブルの金属が縮んで、


接触が悪くなるといったことも起こる可能性もある。




あるいは電離層の影響を受けているのではないかというものも。


こちらは電波が反射して干渉し信号が減衰するといったことだと思いますが、


これは空気中からアンテナに伝わる時点での問題なので、


他の住民も同様の現象が起こるはずである。




後は誰かが夜中に無線を使っていて、


その電波が干渉しているという可能性。


ですが、どういうわけだかアンテナレベルが低いとき、


テレビの正面でうろうろするとノイズが出やすく、


ふっとテレビより低い姿勢になるとノイズがなくなったりしました。


基本的に人体は電波の障壁になるものだと思います。


まぁ常に夜だけ悪くなるわけではないので、


どちらにしても根本的な原因ではないでしょう。



ここまで可能性を探っても決定的な原因が分からなかったので、


もう本当に嫌気がさしてきました。


大概の家庭では、


テレビを買って、ケーブルを買って、


取り付けたら終わり、何にも考えることなんてないのですが、


不具合が出てしまった時の、


問題の特定は本当に大変なんですよね。




テレビの場合、まずアンテナが地デジに適したものなのか、


というところから始まって、


アンテナの向きが悪かったり、


アンテナとアンテナコンセントまでの部分、


アンテナコンセントの端子や、


コンセントとケーブルの接触、


ケーブル本体、


ケーブルとテレビの接触、


テレビ内部の問題、


さらにケーブルやテレビに直接影響するノイズだったりと、


電波が減衰する原因となっている部分を正確に特定するには、


全てを断片的に検証しなければなりません。


「ない」ということを証明するのは、「ある」ということを証明するより大変なんです。




とはいえ私は全てを検証する前に問題点を発見できたわけなのですが、


それを発見するにいたったのは、


Yahoo知恵袋のノイズの質問に対してされた回答の中に、


一つの可能性を見つけ、それを調べたらまさにそれでした。




というのは、アンテナコンセントの問題。


アンテナコンセントには、アンテナから来たケーブルがつながっていて、


それをテレビとつないだケーブルとつなげる役目をするだけのもののようですが、


実はアンテナコンセントには、


信号が入ってくる入力だけでなく、


別のコンセントに信号を送るための出力がついているものがあるのです。
画像

アンテナコンセントには2本のケーブルが付いており、


電気回路の並列接続の枝分かれしている点の部分が、このアンテナコンセントなわけです。


そしてこれには入力と出力が接続部分に書かれており、


それを逆に取り付けてあると、


そこのコンセントから取り出す信号だけ減衰するようなのです。


つまり他の部屋では快適に視聴できるが、


私だけモザイク映像になってしまうわけです。




実際にはアンテナ線は、回路のような環状ではなく、


一本の糸から数本の糸が伸びていて、


一度に複数の魚をつれる釣り糸のような感じで繋がっていて、


そのメインの釣り糸と、分岐した釣り糸がつながっている部分がコンセントという感じです。


あっ、釣り糸のイメージはサビキってやつですね。


配線が正しければ入力側が、


釣り竿側、つまりアンテナ側なわけで、


こちらを切り離してしまえば、そのコンセントから信号は得られなくなるわけなのだが、


この入力と出力を間違っていたとしたら、


入力側を切り離してもテレビが映るということなのだ。




そして見事に映ったわけです。


以前間違えて取り付けてからそのままだったんでしょうね。


たぶんこの家を建てた時からずっと・・・。


とはいってもアナログテレビの頃は特にひどいわけでもなかったので、


気付けなかったんでしょうね。


しかしこんなことがあるんですね。


まずは入力と出力を間違えたということ。


まぁ以前はアナログで、気付きにくかったのかもしれませんが、


その分確認とかもしてなかったんでしょうね。


もう一つは入力と出力を間違えると、


その部分で取り出す信号だけが減衰してしまうことですね。


一体コンセントの中身(の中身)はどうなっているのだろう。


それにしても厄介な特性ですね。




というわけで、問題はアンテナコンセントと、


アンテナから来たケーブルの接続にあったということです。


家の中で触れるのはこの辺までが限界ですね。


テレビの映りが悪くて、


アンテナ線を変えても直らない、


テレビにも決定的な問題が見つからないときは、


アンテナコンセントを開けてみるのが、


自分でできる最終手段ですかね。


まぁ自分の家ならアンテナとかも触れるのかもしれませんが、


一人でやるのは大変ですし、危険ですね。




もし似たような状況の方がいたら、


探究心とドライバーを持って、


アンテナコンセントを開けてみるのがいいと思います。


もしケーブルが1本しか来ていなければ…




ごめんなさい。


一般人が個人的にできることはもうなさそうです。


助けを求めてください。


ただコンセントの部分が錆びていたりしたら、


交換してみるのもいいでしょうね。




ただし、コンセントの問題を検証する時は、


他の部屋のことも考えて行ってくださいね。


私の場合は私以外この建物にいないことが分かっているときに行いましたが、


もっと大きなアパートやマンションの高層階で、


昼間にコンセントのケーブルをいじれば、


他の人がテレビの故障を疑ったり、


最悪故障させてしまう可能性もありますので、


独断でやるのは危険な場合もあります。


その点持家の人は他の人の心配をする必要もなく調べられますね。


他の部屋にもアンテナコンセントがあって、テレビがある場合は、


他のテレビも電源を切ってから検証してくださいね。


まぁコンセントとテレビが複数あるなら、


それらの組み合わせを変えれば


テレビやケーブルに問題がないかどうかは調べられますしね。




ちなみにアンテナレベルは、


メーカー推奨値43以上のところ、以前は低いと30台、


良くても50は行かなかったのですが、


殆どのチャンネルが60台、


一番低いチャンネルでも低くて45くらいに改善されました。

   追記
「分配器の入出力はしっかり確認してから接続を!!!(逆接続の影響とその要因を解説)」






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

伍山人
2014年04月01日 15:58
RAXAさんと全く同じ経験をしました。拙宅は高台の築25年の一戸建て。自分でアンテナを設置し地デジを視聴しています。地デジTV導入後一年位は正常に受信できていました。ところがその後時々ブロックノイズ、ブラックアウトに悩まされる様になりました。RAXAさんと同様、障害の可能性を一つづつ確認してきましたが解決できませんでした。ところがつい先頃、分配器による減衰の影響を確認すべく分配器を壁から外しにかかったところ、入出力が逆接状態である事が判明しました。正しい結線に変更して約一週間経過しましたが、正常な受信状態を維持できています。そこで分配器逆接影響の理論的解説がないものか検索したところ、RAXAさんのブログに行き着いた次第です。
管理者より
2014年04月05日 16:06
伍山人さん、コメントありがとうございます。
私は逆接による影響の理論までは当時あまり気にしなかったのですが、この機会に調べてみたところほぼ決定的な要因が見つかったので、新たな記事にて解説したいと思います。
もしかするともう原因を調べられたかもしれませんが、
このページにも後ほどリンクを張っておきます。

この記事へのトラックバック